blog index

・・・かな?

基本的には読書日記のつもりかな?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
とりあえず去年のまとめ

 

放置はよくないのでとりあえずまとめ。感想かけてないなぁ(まぁ、本当なら舞台だけでもブログ続けたいのがかけてないからね)

観た舞台の数:16

RENT 20th Anniversary TourRENT 20th Anniversary Tour
【観劇メーター】マチネ。しまった、チケットとった時に何を考えていたんだ私は。ソワレはあの時間にはじまるんじゃないか、しかも限定Tシャツがソワレから発売開始だとー! 前のほうでみすぎた影響で後ろの方でやっと全体が観れる舞台だけど小さいうごきを追いかけようとしてしまって私はバカか。やっぱりエンジェルのあのシーンは迫力で大好き
読了日:12月24日 著者:
RENT 20th Anniversary TourRENT 20th Anniversary Tour
読了日:12月23日 著者:
RENT 20th Anniversary TourRENT 20th Anniversary Tour
読了日:12月17日 著者:
RENT 20th Anniversary TourRENT 20th Anniversary Tour感想
【観劇メーター】きゃー、まさかの初日でいきなりエンジェルシートとりました。ちょっとフォーラムだとWine & Beerのところで観るのが大変ではあったけどすっごい幸せ。久しぶりにRENT満喫です。もう流れはほとんどはいっているので今日はまだ各場面での動きの確認になってしまったので感動度は低いのですがそれでも好きな曲たちでうれしくなっています。今回のキャストはみんな若いなー。2人ぐらいベテランがいるともうちょっと安定するんだけどなー
読了日:12月15日 著者:
ミスサイゴンミスサイゴン
読了日:10月19日 著者:東宝
キンキーブーツキンキーブーツ感想
【観劇メーター】最初何人かは本当の女の人だと思っていました。きゃー、なんて美人さんに化けるんだろう。そしてあのヒールでのダンスの数々。歌は楽しいし、ノリノリになれるサイコーの作品だわ。
読了日:10月15日 著者:
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホヴィンセント・ヴァン・ゴッホ感想
【観劇メーター】
読了日:09月24日 著者:
THE CINEMA MUSICAL CONCERTTHE CINEMA MUSICAL CONCERT感想
【観劇メーター】映画からミュージカルになったもの、名作ミュージカルが映画化されて多くの人に身近になったもの。どっちも好きなので楽しみでした。ただそういう構成だったかなと言われるとちょっと悩む。どのちらしをみたかのかにもよるんでしょうけどね。私はレミゼも期待していたのでちょっと違ったなぁー感がのこります。ま、決め手はRENTでそこは満足だったけどね。アンコールのキンキーブーツはまだ作品観ていないのになぜか歌が歌える自分が不思議ー(爆)
読了日:09月11日 著者:
NOBUNAGA 下天の夢/Forever LOVE!!NOBUNAGA 下天の夢/Forever LOVE!!感想
【観劇メーター】なんていうかどういうお話にするのかと途中不安になるような信長包囲網のお話だったのですが、信長のでっかさがあればピンチも大丈夫というお話になっていた。しかもきちんとお話としてハッピーエンドにまとまっていてビックリですねー。甲冑姿のダンスとか結構好き♪ これが萌えってやつかしらww レビューのきらびやかさとかすごかったし、さすが宝塚って雰囲気を楽しんできました
読了日:08月13日 著者:宝塚 月組
アラジンアラジン感想
【観劇メーター】前回とキャストはあまり変わっていません。でもこのジーニー好きだから満足。アニメにはいないアラジンの友人たちが今回は妙に気になった。いいやつらなんだもん。そしてやっぱり魔法の絨毯のシーンは大好きだし、ジーニーによるエンターテイメントショーはどこみていいのかわからないぐらい楽しくて好き
読了日:08月03日 著者:劇団四季
マイ・フェア・レディマイ・フェア・レディ感想
【観劇メーター】以前帝国劇場版をみてから久しぶりにこの作品をみます。演出がG2さんということでとにかく笑ったー。ヒギンズ教授がこんなにおもしろくていいのだろうか、映画の時からイライザがなんで惚れるのかわからないような男だけどね、まぁ、ちょっと失礼なレベルなんだけど、最後の最後の我儘な言い分を許しちゃえるのをホッしてみれるのは映画と同じでイライザの女っぷりの良さなんだよなぁ
読了日:07月16日 著者:
ジギル博士とハイド氏ジギル博士とハイド氏感想
【観劇メーター】一瞬のホラーが怖かった。ただ作品を考えるともっと怖くてよかったとも思う。とてもロマンス重視の作品になっていたなぁ、タモリさんじゃありませんが、久しぶりにミュージカルみていて突っ込みたくなりました。歌っている暇があったら逃げなさい!と(苦笑) 正直ルーシーとジギルの関係が難しすぎた。もっとジギルとハイドは人間の二面性を単純にした作品でハイドが登場することでジギル氏の心の爽快感があったはずなのに、ただ暴走する悪という存在になってしまったハイドはなんか違うなぁ。楽曲を楽しむ作品でした
読了日:03月13日 著者:
The Love BugsThe Love Bugs
読了日:02月24日 著者:地球ゴージャス
The Love BugsThe Love Bugs
読了日:02月21日 著者:地球ゴージャス
The Love BugsThe Love Bugs
読了日:01月30日 著者:地球ゴージャス
The Love BugsThe Love Bugs
読了日:01月09日 著者:地球ゴージャス

読書メーター

| かなの | 舞台 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Happy Halloween!
ハロウィンを楽しんできました。
どこで、有楽町でw 渋谷には近寄りませーん。


当てました。11月3日から開幕のダンス・オブ・ヴァンパイアのハロウィンイベント。
今回はA席しか買えなかった私を神さまが憐れんでくれたに違いない。(といいつつ、最後に残席の購入していないんですが)
お菓子を配るイベントは写真撮影OKだったので、写真たくさんとともにレポートです。
続きを読む >>
| かなの | 舞台 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
一番搾りガーデン
ネットで紹介記事をみかけてから、行ってみたかったんだー
あちこち遊びに行っていたので、なかなかタイミングが合わなかったのですが、
今日は渋谷まで来る予定があったので、絶対来ようと思っていました。

続きを読む >>
| かなの | 日記 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
桐島、部活やめるってよ
映画みてみたいなぁー
それぞれの登場人物の視点から語られる連作短編。でも映画ではおそらく同じような語りにはならないはずだし、
なによりも桐島くんを登場させているのかが気になってすごく映画がみたくなった。

 
続きを読む >>
| かなの | 読書 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
幸福ロケット
うーん、お話の説明が難しいなぁ。
初恋のお話?家族のお話? そういったテーマがはっきり見えない部分がちょっと残念ですが、おもしろお話でした。

クリスマス・イヴが誕生日の香な子ちゃんは、5年生になってからお花茶屋に引っ越してきた女子。両親が仲がよすぎるのから一緒にいるためにお母さんの実家の工務店に勤めるために家も引っ越した、とそう聞かされていた。
新しいオートロックの高層マンションから古い賃貸住宅に引っ越してきたことはちょっとイヤなこと。近所に住んでいるおじさんもよく食事にくることもなんだかなー、な日々だ。
とても気持ちのわかるちっちゃい不満。
こんなことにぐずぐず言いたくない気持ちもあるけど、そのちっちゃい積み重ねが(笑)

子どもも大人も変わんないんだなぁという香な子ちゃんの生活。
今でも前に住んでいた小石川の進学塾まで通うのはちょっとした意地だろう。

新しいクラスはクラス替えの季節だったからそんなに大変ではない始まりだった香な子ちゃんだが、グループが違う女の子町野さんに恋の相談をされてしまう。
自分の隣の席のコーモリとデートをしたい。でも誘うのは相手からがいい(爆)
こんなお願いを聞いてあげるとは香な子ちゃんは結構お人よしです。

塾ではあまり仲のよくない女の子が最近は香な子ちゃんのお父さんが会社を辞めた理由について意味ありげに言葉をかけてきます。
今のお父さんよりもTVで紹介されたり最新のおうちに住んでいたお父さんのほうがかっこいいと思っていた香な子ちゃんにはちょっとしたブロー攻撃です、これ。

一方でそのコーモリとは塾の帰り道の電車であうようになります。コーモリのお母さんは入院中。お見舞いして帰る途中という彼のお母さんへの優しさと自分が家を守るんだという気持ちは子どもながらもかっこいいですよね。
そんな彼のことをしった両親は彼をたまに家での夕食に招待します。

そんな町野さんにうしろめたい状態でありながらも香な子ちゃんはコーモリとお話しているのは楽しいし、かれの家族の状態は心配。
やはり両親の仲がいいことは素敵だなと思ってしまえるお話です。
香な子ちゃんがいい子なのはご両親が素敵だからだと思う。

そういった大きな事件ではないものの小さな事柄が進行していく物語で香な子ちゃんが成長したかというと微妙かなぁとも思うんですけどね、お父さんとしっかり向き合えてよかったなぁと思えた。
そしてコーモリはどうみたって香な子ちゃんが好きだからこその帰り道の日々の中でずっとはっきりしなかった香な子ちゃんの態度。
最後はコーモリがお母さんの療養のために転校していく時になってずっと中途半端だった香な子ちゃんの気持ちがやっとここで正直になっただけに、とてもうれしかったし幸福トラベラーで少年の近所のお姉さんとして香な子ちゃんの未来の様子がちらっと出ていたのがあまりにも中途半端でもやもやです。

とりあえず初恋物語はかわいい

書名:幸福ロケット
著者名:山本 幸久
お気に入り度:★★★★

| かなの | 読書 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

bolg index このページの先頭へ